このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
トップページ > 記事閲覧
日本語教育 図書・教材案内 32 号 2017.09
日時: 2017/09/04 11:34
名前: 山下直子

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日本語教育 図書・教材案内 32号 2017.09
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

台風も多い季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。
第32号の「日本語教育 図書教材案内」をお送りいたします。

「2017年日本留学AWAWDS」(日本語学校の教職員が選ぶ留学生に勧めたい進学先アンケート結果)が発表されております。ご参考まで。
http://www.ryugakuawards.org/

≪図書のご紹介≫
1.『大学の日本語 初級 ともだち Vol.2』 【編著】東京外国語大学留学生日本語教育センター
出版社:東京外国語大学出版会 2017年7月
書籍情報: http://www.tufs.ac.jp/blog/tufspub/
・Vol.1(初級前半レベル)とVol.2(初級後半レベル)の2冊があります。
・トピックは「将来の計画(卒業後何をする?)」、「アドバイス(日本で働きたいけど、どうすればいい?)」など、大学生が遭遇しそうな場面です。
・タスクを行なうことで、中級・上級日本語につなげるための初級文型・語彙を学習しながら、「自己を発信する力」「他者と伝え合う力」を総合的に身につけることを目指しています。
・アカデミック日本語に特化した「JLPTUFSアカデミック日本語 Can-doリスト」の指標に基づいているテキストです。
(詳細http://www.tufs.ac.jp/common/jlc/kyoten/development/ajcan-do/index.html
・宿題になる漢字や文法の練習問題ダウンロードサイトがあります。

2.『PRACTICAL JAPANESE くらしと旅行のための基礎日本語
BASIC EXPRESSIONS FOR LIVING AND TRAVEL』【著】小川清美
出版社:IBCパブリッシング出版 2016年10月 
書籍情報: http://www.ibcpub.co.jp/
「旅行のため」「短期滞在のため」という学習者ニーズは高いのではないでしょうか。独学できるように英語の解説と訳があり、文型表現は自分で代入練習ができるようなスタイルで紹介されています。

詳しくは「日本語教育通信 本ばこ」ご覧ください。
http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/bookshelf/201705.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~                            
このニューズレター・メルマガはBccでお送りしております。配信をご希望でない方は、返信の形でご連絡ください。お知り合いの先生で、興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、どうぞご紹介ください。
また、ご紹介した本をご覧になりたい方はご連絡ください。
みなさまからのご意見・ご要望もお待ちしております。
バックナンバーは香港日本語教育研究会のWebsiteでご覧いただけます。
http://www.japanese-edu.org.hk/ 

最後まで読んでいただきありがとうございました。          
国際交流基金 海外派遣日本語教育専門家(香港日本語教育アドバイザー) 山下 直子
メンテ

Page: 1 |